Uターン転職で後悔しない仕事の探し方!Uターン転職 良かった!

Uターン転職で後悔しない仕事の探し方! 転職活動の進め方

憧れの土地に移住したいけど、希望の仕事に就けなそう…

故郷に戻って働きたいけど…地元で転職は今からだと厳しいかな…?


そんなことはありません!

むしろ近年は、新型コロナウィルスの影響もあり、地元に戻って転職する人が増えています。

もちろん都市部と比べれば、あなたにマッチした転職は、決して簡単ではないかもしれませんが、地方転職への第一歩として、あなたが踏み出すきっかけとなれば幸いです。

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

●そろそろ地元に戻って、一生の仕事を探したい!(uターン)
●ちょっと都会の生活に疲れた…田舎に転職したい!(iターン)
●生まれ故郷に貢献する仕事がしたい!
●田舎で働くことは現実的にはどれだけ厳しいのか?メリット・デメリットは?
●仕事のアテがない…求人の探し方を知りたい!


実は地方転職でも、有効求人倍率が高く、転職成功しやすい環境にあります!

有効求人倍率とは、求職者一人当たりにどのくらい仕事があるかを示す経済指標のことです。倍率が高いほど就職しやすいと目安になる指標です。

平均有効求人倍率が厚生労働省から発表されております。有効求人倍率が全国平均の1.09倍を上回っているのは29都府県もあります。

参考 厚生労働省 一般職業紹介状況(令和2年12月分及び令和2年分)

有効求人倍率が高い都道府県であれば、求人数が少ない中でも、仕事を見つけるチャンスはあります!

MAMAO
MAMAO

本記事でUターン転職のお悩みを少しでも解決できるようお手伝いができれば嬉しいです!




Uターン転職は何歳までにしたほうがいいのか?

Uターン転職 地元に戻りたいです…

Uターン転職を現実的に考えたい!

人によりけりですが、一般的には地方での転職は35歳までに転職するほうが理想ですが、40代以降でも可能です。

Uターン転職も他の転職と同様に若い方が有利です。目安として、35歳までに転職するのが理想とされています。 理由は、若い方がポテンシャルも評価されやすいからです。

40代以降でも転職は可能ですが、スキルと経験が求められます。管理職の経験があれば優遇されやすいです。

40代~50代のUターン転職は「経験を活かした転職ができる」「希望の地域で腰を据えて働ける」「子どもが自立してから働き方を変えられる」というメリットがあるものの「また最初から人間関係を築かなくてはいけない」というデメリットがあります。


転職活動をするにしても応募の準備や遠方での面接に時間とコストや労力がかかりってきます…

転職できる年齢とライフプランを考慮して、転職するベストタイミングを逃さないようにしましょう!

MAMAO
MAMAO

給料が下がるリスクも考慮しましょう!


地方転職|仕事の探し方

PAPAO
PAPAO

それでは、地方での仕事を探す方法を順を追って見ていきましょう。

①ハローワークで探す

地元で仕事を探すなら、ハローワークは最初にチェックすべきポイントです。

本当に近場で探せるのがハローワークの最大のメリットです。

確かに求人はピンキリで、多くが大手転職サイトよりも良い案件が存在しないのが現実です。

求人内容も情報が少なく、多くはわかならいというデメリットも…

しかし、都会だとあまり評判の良くないハローワークの求人ですが、地方だとお宝求人が発見できることが多々あります。

これは地方特有の現象で、田舎に行くほど顕著です。

もし企業が大金をかけて、幅広く転職サイトから応募をかけたとしても、結局通勤が遠くて誰も来てくれないので、最初から近場の地元民向けにハローワークで求人を出しているのです。

まずはどんな求人があるのか?自分の職種だと給料の相場はいくらくらいか?等々…当たりをつけてみてはいかがでしょうか?

PAPAO
PAPAO

選択肢を広げるという意味で、他の仕事を探す方法とあわせてハローワークの利用もするべきです。

■ハローワークで仕事を探すメリットは移住先での求人がピンポイントで見つかること!
関連記事 近所で仕事を探すならハロワがおすすめ!メリットもデメリットも有り

②企業のホームページで探す

企業のホームページ内に採用ページを設けていることがあります。

転職サイトなどでは、おおやけには求人募集していなくても、企業HP内では採用募集をしているというパターンもあります。

こういった企業は募集をしていない時でも、「現在は募集していません」と記載されていることが多いので、今は募集してなくても、「タイミングさえあえば募集はあるんだ」程度に考えておくのが良いでしょう。

PAPAO
PAPAO

もし今は募集していなくても、直接「問い合わせページ」から、応募したい旨を「ダメ元」で聞いてみるのもいいですね。

③リクナビNEXTで探す

日本最大級の転職サイト「リクナビNEXT」を利用するのもオススメです。

いくら日本最大手の「リクナビNEXT」でも、地方のピンポイントでの求人が必ずしも見つかるとは限りません。

それでも日本最大級の転職サイトです。掲載求人数では他社よりも断然多いので、地方の求人も少ないながらも見つかることでしょう。

もしリクナビに掲載がなくても、他の方法で探せばいいだけなので、まずは地元への転職の幅を広げるにはリクナビNEXTの利用は有効です。

PAPAO
PAPAO

利用は無料なのでやって損はありません。
リクナビNEXTの公式サイトはこちら

自分で仕事を探すなら鉄板の求人サイト!
■リクナビネクストの登録方法まで詳しく説明しています!
参考記事 転職初心者は必須!リクナビネクストの評判は?特徴~退会まで全解説


④地方だと転職サイトや転職エージェントが使えない?

 安心してください!転職エージェントを利用して仕事を探すことは可能です!

ただし「転職さえできればなんでもいい」というわけにはいきません…

そこで失敗の確率を減らすためにも、職探しの方法のひとつとして、転職エージェントの複数利用を加えることをおすすめします。

●どんな職種で転職できそうか?
●給料の相場はいくら位なのか?
●良い求人があったけど、どんな会社でどういった社風なのか?



地方でも転職エージェントは使えます。

中には地方に特化したエージェントも存在します。

しかし、使えるエージェントは都市部よりは少なくなります…

それでも転職エージェントをうまく利用すれ、ば給与も下げずに転職を成功させることも可能です。

全国展開している大手エージェントや地方専門のエージェントを利用することで、わざわざ現地に足を運ばなくても、現段階での求人状況がわかることでしょう。

大手企業の地方支社で、リモートワークの求人があれば嬉しいですね!

転職エージェントをうまく利用すれば、無料でエージェントが職探しからすべて段取りをつけてくれるので、在職中でも手間なく地元へ戻る転職活動が効率良く行えます。

PAPAO
PAPAO

ピンポイントで地元ドンピシャの求人はなくても、良い条件の会社が発見できるので、併せて利用がマストです!

リクルートエージェント

・転職支援実績No.1
・企業規模も実績も求人数もマンモス級

doda(デューダ)

・業界最大級の求人数約10万件
・転職者満足度No.1の無料転職サービス

マイナビエージェント

・若手には王道の転職エージェント
・20代~30代前半を中心とした若手人材の転職支援が得意

■地方転職におすすめの転職エージェントをまとめました/
参考記事 地方転職は厳しい?失敗したくない…地方に強い転職エージェントは?


田舎に転職で後悔しないために!メリット・デメリット

田舎に転職で後悔しないために!メリット・デメリット

そもそも地方で働くことは、本当に困難なのでしょうか?

もしそうなら、もともとその土地で生活している人は、困難なのでしょうか?

みんな公務員や農業、自営業者なのでしょうか?

地元から少し離れた都市部に企業はないのでしょうか?

職場は地元に近い範囲内で探すことを前提に、地元に戻りたい人向けにメリット・デメリットをまとめてみました。


地方転職のデメリット(ここが残念…)

田舎転職は難しい?

●知り合いが多いと干渉されて窮屈を感じる…
●子供のための習い事や塾があまりない…
●実は昔の友達が、みんな地元から出て行ってしまっている…
●マイカーがないと生活が不便…
●地方だと求人が少ない…
●希望する職種での仕事があるか分からない
●都会よりも平均賃金が低い…
●大企業が少なくほとんど中小企業しかない…

MAMAO
MAMAO

当然デメリットも存在します、下記を見ていきましょう。

知り合いが多いと干渉されて窮屈を感じる…

みんなが顔見知りだと「変なことができない」という縛りが発生します。

パジャマに寝ぐせのままコンビニにも行けなかったり、その辺で立ちションもできません。(そもそも軽犯罪法違反なのでダメですよ!)

良くも悪くも、自分のことを多くの人が知ってくれているコミュニティとはそういうものです。

PAPAO
PAPAO

これを「ウザイ」と感じる人は、同じ地方でも都市部が向いているでしょう。


子供のための習い事や塾があまりない…
小さいお子さんがいる家庭なら、子供の可能性を信じて水泳やピアノ、ダンス等々の習い事をさせたいですよね?

より良い教育を受けさせるために進学塾にもこだわりたいものです。

また大学進学等で「都会に出て一人暮らしをしたい!」卒業後も流れで「都会に就職」なんてことも十分にあります。

MAMAO
MAMAO

これはお子さんのいる家庭なら超重要です!移住前に各家庭でじっくり検討すべき事項です。

実は昔の友達が、みんな地元から出て行ってしまっている…
これ!結構あるあるです…

実家が商売をやっている同級生は地元にいるけど…そうでない人は近隣の都市部へ引っ越しているなんてことも…

でも地方だと、実家にすぐ帰れる近場に住んでいる人も多くいますね!

PAPAO
PAPAO

いつもツルんでいたアイツらがいないのに「なんで俺、ここに住んでるんだろ…」


マイカーがないと生活が不便…

せっかく都会の満員電車から解放されても、勤務地によっては駅から遠く、車通勤でないと通えないような会社もあります…

スーパーも目の前になければ、重いペットボトルなど持って歩くのはハッキリ言ってしんどいです…

都会では車を運転する必要のないペーパードライバー(ゴールド免許)でも、地方では車に乗る機会も増えるので、青切符(比較的軽微な交通違反)を切られる可能性も必然と上がります…


生活基盤である仕事の悩み

地方だと求人が少ない…
希望する職種での仕事がない…

都会よりも平均賃金が低い…

大企業が少なくほとんど中小企業しかない…

上記のこれらは本当です!

大都会と比べれば、地方は会社員としての幅が狭くなるのは事実です…

実際に大都会よりも求人数が少ないので、あなたが希望している職種の求人とのマッチングが難しくなります…

地方の優良企業と言っても、上場企業と違い情報不足なので、本当に優良かどうかの判断も難しいです…(ピンキリです)

PAPAO
PAPAO

しかし、地⽅には、世に出てこない優良企業や好条件の仕事が、実はそれなりに存在します。




地方転職のメリット(ここが良い!)

●都会より家賃や生活費が安い!
●満員電車から「おさらば」できる!
●なじみのある地域で貢献できる!(jターン)
●頼れる親族や仲間がいる!
●田舎のほうが人との触れ合いがあり温かい!
●環境の変化が少なく働きやすい!(uターン・iターン)
●地方移住の支援がある!

MAMAO
MAMAO

それでは下記でひとつづつ解説をしていきます!

都会より家賃や生活費が安い!
これってめっちゃ重要です。

給料は下がっても生活費も下がれば収支はトントンの可能性も!地元スーパーにしかない食材で久々の郷土料理を味わうこともできますね。

今はどこもネット環境も整っているので、わざわざ都会に出なくてもネット通販で買い物もできるので地方もさほど不便はないですね。

MAMAO
MAMAO

トイレ・お風呂も別々で部屋も広いのが嬉しい!


満員電車から「おさらば」できる!

大都会の朝・夕・終電のラッシュはマジで殺人級です!懲役3000億年くらいの判決をくだしたいところです(誰に?w)

通勤ラッシュ地獄も、労働時間に全て含まれるならまだ我慢できますが…
とにかく満員電車は「必要悪」です!

PAPAO
PAPAO

毎日のクソ混むイベントから、解放されるのは超絶メリットです!


なじみのある地域で貢献できる!(jターン)
ふるさと納税も悪くないけど、やはり生まれ故郷にダイレクトに貢献できる充実感は「jターン転職」ならではの醍醐味ですね。


頼れる親族や友達がいる!
実家も近ければ、子供の面倒を見てもらえたり、のびのびと子育てもしやすいですね。
逆に年老いた親の介護や何かあった時にはすぐに様子を伺えるので安心ですね。

昔なじみの仲間同士で頻繁にプチ同窓会を催したり、思わぬ仕事の人脈に繋がることもあります。

社会に出るとなかなか人様に向かって「お前」呼ばわりや「肩パンチ」などでおふざけできる場面はありませんが、ガキんちょの頃からの仲間同士なら大有りですね!

PAPAO
PAPAO

地元ならではです、近所が一番!


田舎のほうが人との触れ合いがあり温かい!

都会にも温かい人情味にあふれた人はたくさんいますが、やはり田舎の人は総じておおらかな人が多い印象です。

PAPAO
PAPAO

せかせかしないスローライフを送れていることで、心に余裕があるような気がします。(PAPAO個人的な意見)

環境の変化が少なく働きやすい!(uターン・iターン)

地方は地元の強みを生かした事業に特化して、長年事業を継続している優良な中小企業が多いです。

大企業では味わえない「仕事の裁量権」が大きく、意外とやりがいを感じられるような仕事内容も多いです。

人間関係もまずまず良好で定着率が高いです。

PAPAO
PAPAO

転勤がない(少ない)のも、ローカル企業の良い所です!

地方移住の支援がある!
東京から地方に移住する際に申請できる全国型地方移住支援事業の補助金(最大100万円)や各自治体ごとに異なる保補助金があります。

MAMAO
MAMAO

詳しくは各自治体のホームページをチェックしてみてください

■都会の給料をもらい田舎でフリーランスで暮らせる!
詳細記事【週2・時短~】育児や介護を両立!リモートビズはフリーランス向き


地方転職を控えた方がいい人

●バリバリ都会でしかできない仕事がある人
●コンクリートジャングルがしょうに合っている人
●昔の同級生に再開したら身の危険を感じる人
●虫が苦手な人
●車のナンバーが地方になることに抵抗がある人
●「今の仕事が辛い」からという理由だけで地方転職を考えている人

PAPAO
PAPAO

地方でなくても仕事はあります!

地方転職はこんな人におすすめ!

●通勤時間を短くしたい人(自由時間が増える)
●満員電車が親のかたきより大嫌いな人
●生まれ故郷で骨を埋めたい人(親族・旧友とのふれあい)
●自然豊かな環境で、子供を元気に育てたい人
●都会で培ったスキルを地方で活かしたい人
●地方の優良企業で裁量権のある仕事をしたい人


\地方転職におすすめの転職エージェントをまとめました/
参考記事 地方転職は厳しい?失敗したくない…地方に強い転職エージェントは?


まとめ:Uターン転職で後悔しない仕事の探し方!Uターン転職 良かった!

まとめ

住み慣れた地元に寄り添いながら、余生を送りたい人!憧れの土地で働きたい人!

Jターン・Uターン・Iターンによる転職はきっと意義のあるものになるはずです。

ただし、まだ仕事が決まっていない状態で、先行して移住するのはかなりリスクが高いです!まずは職探しから始めて、本当に自分にあった転職先がありそうなのか?目星をつけてみましょう!

引っ越しはそれからでも遅くはないです

■都会の給料をもらい田舎でフリーランスで暮らせる!
詳細記事【週2・時短~】育児や介護を両立!リモートビズはフリーランス向き

コメント

タイトルとURLをコピーしました