営業職の悩み!休日でも電話応対でプライベートがない?解決策はこれだ! 

営業だけど休日は電話対応したくない
本ページは一部プロモーションを含みます。掲載内容は予告なく変更される場合があります。

営業職の休日…

電話応対でプライベートがない…


電話対応に悩む声


【はじめに】

営業職の方々は、顧客との信頼関係を築き、ビジネスを成功させるために、日々奮闘しています。

しかし、そんな営業マンにとって、もっともやっかいなことのひとつが、休日や夜間にも電話がかかってくることではないでしょうか?

一般的には、ビジネスマンにとって休日は職場から解放され、自分の時間を自由に過ごすための大切な時間ですが、営業職にとっては、仕事柄顧客からの問い合わせがあるため、休日でも電話応対をしなければならないことがあります。

しかし、そういった対応が続くと、プライベートの時間が確保できなくなってしまい、ストレスがたまることもあります。

そこで、本記事では営業職の方々が休日でもプライベートを確保するために有効な方法を紹介していきます。

営業だから365日24時間対応が当たり前!」なんて考えの「私は神様だぞ」客とはそもそも良い関係での長いおつきあいができないので私は取引を打ちきってもいいという考えです。(批判は一切受け付けません!)

PAPAO
PAPAO

もっと稼がせてくれて気持ちのいい優良顧客を他で見つければいいだけです!

■営業職の転職なら「マイナビ営業 AGENT」
公式サイト別の会社に転職して営業職を探してみる!
マイナビ社とのタイアップです。


営業で詰められるのはもう我慢できない…
退職代行で今すぐ会社を辞めたい人は
詳細記事 ブラック企業の最強の辞め方!退職代行なら当日の朝でも辞められる!

営業職の休日でもプライベートを確保するための効果的な解決策

営業職の休日でもプライベートを確保するための効果的な対処法


電話対応に悩む営業職の声

営業職には、お客様とのコミュニケーションが欠かせません。そのため、休日や有給休暇の日にも、急な問い合わせトラブル対応などで電話を受けることがあります。

しかし、休日に電話がかかってくると、プライベートな時間が奪われ、ストレスを感じることもあります。

ここでは、営業職の方々が休日に電話応対をすることで抱える悩みについて、具体的な対処法やプライベートと仕事のバランスを取る方法について考えていきましょう。


ルート営業あるあるで「〇〇の在庫がないので大至急欲しい…!!」と休日に何度も鬼電おにでんで着信残されてることありませんか?

こちとら定休日なんで… 全員休みだから出してやりたくても品物がある倉庫もあいてないよ!なんてこともありますよね。

こっちも商売、そちらも商売。商売やっている以上、在庫管理は自己責任でやってよって話ですね。

仕事は割り切り派の営業職
仕事は割り切り派の営業職

騒ぐな、うろたえるな!輸血の血が足りない…とか生命にかかわることじゃないんだからさ。


大至急どうにかして!」と言われても毎回のことだといいかげん誰も(社内の関係部署)動いてくれなくなります…

倉庫の出荷担当者
倉庫の出荷担当者

休日なのにまたうちの営業から電話…出ないでいいわ。わざわざ一社の少額注文のために休み返上で労働したくないわ…

営業職の方々は、仕事とプライベートのバランスを取るために、業務外の時間をしっかり確保することが大切です。

そのためには、休日などのプライベートの時間は厳密に守り、仕事の時間内には、できるだけ効率的に対応することが必要です。

【営業職の声】
●電話を受けることによってその場で問題が解決するなら百歩譲ってOKです!(つーか急ぎ以外かけてくるな!)が休み明けまで解決しないトラブルの電話はもっと出たくありません…

PAPAO
PAPAO

ではどのような対応がベターなのか?下記で見ていきましょう!


電話自動応答機能を利用する

休日に電話対応が必要な場合は、自動応答機能を利用して、顧客からの問い合わせ内容を録音することができますね。

こうすることで、電話に出る必要がなくなり、プライベートの時間を確保することができます。

仕事は割り切り派の営業職
仕事は割り切り派の営業職

内容を聞いて弊社側が悪い場合のみ即対応すればいいや


メールやSNSなど他のコミュニケーション手段を活用

非緊急案件は休み明けに対応!

顧客とのコミュニケーション手段は、電話だけではありません。メールやSNSなど他のコミュニケーション手段を活用し、電話対応の負担を軽減するのも有効です。

特に緊急でもなんでもない案件の場合には「休み明けに対応します」と一言メールなどで返信することで、より効率的なコミュニケーションを実現することができます。

「上から目線で何様だよ!」と感じる人もいらっしゃると思いますが、お客様への啓蒙活動けいもうかつどうも立派な営業の仕事です。(営業曜日と営業時間について)

あなた1人で解決できる事案ならいいですが、業務時間外に社内の他人を巻き込まないためにもオン・オフでできることできないことをハッキリと契約前に顧客と打ち合わせしておくべきです。

仕事は割り切り派の営業職
仕事は割り切り派の営業職

言葉は悪いけど、顧客を教育をすべきです。コイツは休日や時間外は対応しない人間(会社)だと!



顧客対応マニュアルを作成する

完全プライベートの休みのはずなの、仕事の電話がかかってくると「ビクッ!」としますよね…

休日に電話がかかってきた場合、急いで対応しなければならないと感じる営業職の方も多いのではないでしょうか。そのため、電話応対に対して緊張を感じることもあるでしょう。

緊張を感じた場合は、まず深呼吸をしてリラックスすることが大切です。次に、電話を受ける前に自分がどのように対応すればよいかをイメージし、準備をしておくことが必要です。

PAPAO
PAPAO

すぐには受話せずに一旦「何の用」なのか推測して、落ち着いてから折りTELがいいでしょう!


急に電話がかかってきて、一方的に話をまくしたられても電話対応に悩むことってありませんか?

常にオフィスにいてPCを開きっぱなしの状態ならいざ知らず、ましてや休日でバカンス先で、いきなり「こないだの見積金額いくらだっけ?」なんて顧客からTEL来ても即答なんてできませんね…

本来なら休日なので「資料が手元にないので休み明けに対応します!」で済むお話です。

しかし、どうしても「お客様のために今すぐ即答したい!」という営業のかがみのような気質の人は、顧客対応マニュアルを作成することで対処することができます。

このマニュアルは、よくある質問や問い合わせに対する回答や、トラブル対応方法などをまとめたものです。

こういったマニュアルを事前に作成することで、電話対応に悩んだ場合でも、顧客からの問い合わせやクレームに迅速かつ適切に対応することができます。

営業職の方々が顧客対応マニュアルを作成する場合、以下のような内容を事前にまとめておくことが有効です。

●よくある質問や問い合わせに対する回答
●商品やサービスの詳細、
●価格やサポートに関する情報
●注文方法やキャンセルに関する規定
●顧客からのトラブルやクレームに対する対応方法
(商品の不具合や配送の遅延、誤った請求書の送付など)


自社が原因のトラブルが発生した場合には、顧客に謝罪の意を示し、迅速かつ丁寧な対応をすることが大切です。

顧客とのコミュニケーションにおいては、相手の立場や気持ちを理解し、常に丁寧で親切な態度で接することが求められます。

顧客対応マニュアルは、主に営業職の方々が顧客対応に悩んだ場合に、自分自身が参照するために作成するものです。つまり、自分自身が迅速で正確な対応をするために必要な情報をまとめることが目的となります。

ただし、会社内で共有することで、他の営業職や事務員さんが参考にすることもできます。また、顧客からの問い合わせやクレームの内容によっては、マニュアルに掲載されている情報だけでは対応できない場合もあるため、柔軟に対応する必要があります。


以上が、営業職の方々が休日でもプライベートを確保するために有効な方法です。休日もしっかりと過ごし、仕事とプライベートのバランスを取ることで、ストレスを軽減し、より充実した日々を過ごすことができるでしょう。


営業職の休日に電話がかかる理由

こんな気持ちで仕事している営業マンがどれだけ多いことか…

(こんな気持ちで仕事している営業マンがどれだけ多いことか…)

先に上記で「営業職の休日でもプライベートを確保するための効果的な解決策」をご紹介しましたが、営業職のみんながみんな仕事と私事をうまく切り離して日々生活しているわけではありません。

中には「お客様が困っているんだ!休みだろうと業務時間外だろうと対応するんだ!」という気骨がある営業職の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ではなぜ顧客は、営業職が休日とわかっているにも関わらず電話をかけてくるのでしょうか?以下でひとつづつ見ていきましょう。

PAPAO
PAPAO

何を今更…と感じる人もいると思いますが、あらためて再認識することで営業職という職務の本質を見直す機会になることでしょう!


営業職の仕事内容と責任

営業職は、商品やサービスを販売することが主な仕事内容ですが、それだけではありません。

営業は、顧客のニーズを把握し、商品やサービスを提供するだけでなく、顧客からの問い合わせや質問に対する対応も求められます。

また、顧客のトラブルに対する対応や解決策の提供も必要です。これらの役割は、営業職の仕事の一部であり、営業マンは責任を持って対応する必要があります。

したがって、休日や時間外に電話がかかってくることがあるのは、営業職が顧客と直に繋がっているためです。

日本の営業職は、自分たちの責任を果たすために、顧客からの問い合わせやトラブルに対して迅速かつ適切に対応する必要があるため、常に連絡可能な状態にあることが求められるのです。

MAMAO
MAMAO

海外だと平気で数週間もの間、留守電にしてバカンス休暇なんて人もいますよね!でもここは日本です…


顧客との信頼関係の維持

営業職にとって、顧客との信頼関係は非常に重要です。顧客からの信頼を得ることができれば、長期的なビジネス関係を築くことができます。

そのため、営業職は顧客に対して、迅速かつ正確な情報を提供することが必要です。

もし、顧客からの問い合わせに対して、営業職が迅速に対応できず、遅延が生じた場合、顧客からの信頼を失う可能性があります。

顧客は、自分たちが信頼できる営業担当者と取引したいと考えるため、問題が発生した場合は、迅速に対応して欲しいと思うことが多いでしょう。

そのため、営業職は、顧客からの問い合わせに対して、迅速に対応する必要があります。

もし、休日や時間外に電話がかかってきても、営業職は顧客の信頼を維持するために、電話に出る必要があります。

また、迅速な対応が難しい場合は、後日改めて対応することを約束することが求められます。

納期やトラブルの緊急対応

営業職にとって、商品やサービスの納期は非常に重要です。

納期に遅れが生じた場合、顧客からのクレームが発生する可能性があります。そのため、営業職は常に納期を把握し、必要に応じて緊急対応を行うことが求められます。

また、商品やサービスにトラブルが生じた場合も、営業職は緊急対応を行う必要があります。

トラブルの原因を特定し、解決策を提供することで、顧客からの信頼を維持することができます。

休日や時間外に電話がかかってくる場合は、このような緊急事態に対応するためにも、営業職は電話に出る必要があります。

営業成績や目標の達成

営業職にとって、営業成績や目標の達成は非常に重要です。営業成績が良ければ、自分たちの業績や会社の業績が上がるため、目標を達成するために努力する必要があります。

そのため、営業職は常に新規顧客の開拓や既存顧客のフォローなど、営業成績に繋がる活動を行う必要があります。

休日や時間外に電話がかかってくる場合は、顧客からの新しいビジネスチャンスがある可能性があるため、営業職はそのチャンスを逃さないように行動する必要があります。

また、目標達成には時間的な制約があることが多く、締切が迫っている場合は、休日や時間外でも仕事をする必要があるかもしれません。そのため、営業職は柔軟性が求められる職種でもあります。

しかし、営業職でもプライベートな時間を大切にすることが重要です。

常に仕事に追われている状況では、ストレスや疲れがたまり、仕事の品質やパフォーマンスが低下する可能性があるためです。適度な休息やリフレッシュは、営業職でも必要不可欠な要素です。

電話応対によって失われるプライベート

お客様は神様ではありません

残念ながら休日にTELしてくるのは決まって毎回同じ顧客先…

営業職は、電話対応によってプライベート時間が奪われることが少なくありません。

特に、休日中に電話対応が必要な場合は、プライベートな時間を取ることが難しくなります。このような状況において、営業職がストレスを感じることがあります。

以下では、営業職における休日中の電話対応について、2つの視点から考えてみます。

電話対応によるストレスと健康問題

休日中の電話対応は、営業職にとってストレスの要因となることがあります。

営業職は、顧客との関係を維持するために、休日中でも電話対応を行う必要があることがあります。しかし、休日中の電話対応は、プライベートな時間を奪われることにつながり、ストレスを感じることがあります。

また、長時間の電話対応によって、ストレスホルモンの分泌が増加することがあり、健康に悪影響を与える可能性があります。

プライベート時間の確保と働き方改革の必要性

営業職が休日中に電話対応をする必要がある場合には、プライベートな時間を確保するために、適切な働き方改革が必要です。

働き方改革を推進する上で、企業側の取り組みも重要です。

例えば、休日中の電話対応を適切に分担し、個人の負担を軽減することができます。また、労働時間や休暇制度の見直しも、営業職のストレスを軽減するために有効な手段です。

具体的には、以下のような取り組みが考えられます。

●シフト制の導入
●オンコール制の見直し
●テレワークの導入

シフト制の導入

休日中の電話対応を、シフト制で担当するようにすることで、営業職のプライベートな時間を確保することができます。

オンコール制の見直し

営業職が休日中に電話対応をする必要がある場合には、オンコール制を見直し、必要最低限の対応に留めるようにすることが考えられます。

テレワークの導入

テレワークを導入することで、営業職が自宅での電話対応を行うことができ、通勤時間を削減することができます。これにより、休日中でも有効な時間を確保することができます。

しかし、テレワークを導入するにあたっては、適切な環境整備が必要です。具体的には、自宅での仕事に必要な機器や設備の整備、セキュリティの確保などが挙げられます。

また、テレワークによって生じるコミュニケーションの問題孤独感に対しても、適切な対策を講じる必要があります。

MAMAO
MAMAO

それでも根本的な解決にはなりませんね…休みは一切仕事を忘れたいですね。

以上のように、休日中の電話対応によるストレスを軽減するためには、適切な働き方改革が必要です。

企業側が取り組むべき取り組みもありますが、営業職自身も自分の健康やプライベートな時間を守るために、自己管理を徹底することが大切です。

プライベートと仕事のバランスを取るために

プライベートと仕事のバランスを取るために

営業職である以上は会社の代表として、顧客との信頼関係を築くことが重要です。

そのため、休日や有給休暇の日にも顧客からの問い合わせに対応することが求められますが、これがプライベートと仕事のバランスを崩す原因にもなります。

プライベートと仕事のバランスを取るためには、まず自分が休みの日に電話対応をする必要があるのかを考えることが大切です。

急な問い合わせやトラブル対応など、やむを得ない場合を除いては、ある程度の自己管理が必要です。

また、会社や上司とのコミュニケーションも重要です。自分が担当する業務について、どれが重要な業務なのか、自分が休日の日には別の担当者が対応できるかなどを確認することで、自分自身の負担を軽減することができます。

さらに、時間管理を徹底することも大切です。休日には、プライベートな時間を確保することが必要です。

電話対応をする時間帯を決め、その時間以外は電話に出ないようにするなど、自分自身でルールを決めることが有効です。

営業職のかがみ
営業職のかがみ

もちろん私用で有給休暇中なら「通常業務内」の時間帯であれば、電話が鳴れば対応いしますけど…


また、休日でも仕事に繋がる活動を行うこともあります。例えば、自分自身のスキルアップのセミナーや同業他社との集まりで新しい情報収集などを行うことで、顧客に対する提案力を高めることができます。

しかしプライベートと仕事のバランスを取るためには、自分自身の健康管理も重要です。

十分な睡眠や食事、運動を心掛けることで、ストレスを軽減し、健康的な状態を保つことができます。

PAPAOはこう乗り切った!(真の営業職は反面教師にして)

休日は仕事を休もう

私は業務が終わると毎日、携帯の電源を切って会社に置いていった時代があります。

顧客に「時間外や土日は電話が繋がらないね…」なんてつっこまれても、下記の一言で乗り切りました。

「えへへ、すいません。社内で情報漏洩防止のため持ち出し禁止なんです…」と苦しい言い訳をしているうちに優良顧客先なら時間内に連絡を入れてくるようになりました。

逆にいつ何時でも所かまわずTELってくる顧客(売り上げも少ないし、手間だけ多くて実質赤字みたいな取引先)は自然と取引がなくなりますが、精神的にも経営的にも結果はオーライです!

休日は休日です!ましてや定休日なのだから「誰が電話でるんだって話」いっさいフルシカトです。とまではいいませんが、やはり休みはしっかりと休める環境で働きたいものです。

PAPAO
PAPAO

最初から携帯番号をのせない名刺を自作して、顧客に渡すのもありですね!

■ここまで読んでとこれだから営業職は嫌だ…もう営業辞めたいとお考えの人は…
下記の記事でおすすめ職種をまとめたので参考にしてみてください。
詳細記事 「もう営業は辞めて別の職種につきたい!」


まとめ:営業職の悩み!休日でも電話応対でプライベートがない?解決策はこれだ! 

まとめ

営業職である自分が休日や非番の日に顧客からの電話対応をすることは、プライベートと仕事のバランスを崩す原因となります。

そのため、自分自身で自己管理・顧客管理を徹底することが結果自分が楽になります。
社内関係部署と日頃からコミュニケーションを取り、時間管理を行い、スキルアップや健康管理にも取り組むことが必要です。これらの取り組みにより、仕事とプライベートのバランスを取り、より充実した生活を送ることができます。

【転職の神様と呼ばれた男】

■私(PAPAO)は40社以上(社員・バイト含む)も転職しまくりの経験がございます。その『負の人生経験』から導き出された記事内容に定評あり!!

経験した正社員数だけで言うと"29社"です。

詳しくは当サイトの運営者情報をご確認ください。
https://www.papao.blog/unei-infomation/

こんな私でも家庭・持ち家・子供にも恵まれ、なんとか生きています!

人生なるようになります!

本サイトでは主に「退職」・「失業」・「転職」についての記事をご紹介しています。

PAPAOをフォローする
転職活動の進め方
PAPAOをフォローする
PAPAOブログ【転職の神様と呼ばれた男】

コメント

タイトルとURLをコピーしました