飲食やめてよかった☀️飲食業界から未経験業界に再出発!フミダス飲食

飲食業界から未経験業界へ転職
本ページは一部プロモーションを含みます。掲載内容は予告なく変更される場合があります。
飲食業界でこんな悩みありませんか?
  • そろそろ飲食業をやめたい…
  • 普通に飲食業界辞めたい…
  • とりま飲食業界を脱出したい…
  • 休憩もなくぶっ通しで労働でもう疲れた…
  • ネイルしたいから飲食やめたい…
  • 団体接客に疲れたから飲食はもう勘弁…

飲食業界から他業界へ再出発の決意はありますか?

飲食業界は、多くの人々が働く産業です。労働統計によると、日本においては約300万人以上が飲食業界で働いていると推定されています。これは、全労働人口の約7%に相当する数字です。(パートタイマーやアルバイトなどの非正規雇用も含む)

しかし、その一方で、厳しい労働条件低賃金などの問題が存在しています。

労働条件が厳しいと感じる従業員も少なくありません。


そこで飲食業界から他の業界への転職支援をしてくれる【フミダス飲食】という転職エージェントがあります。

フミダス飲食は飲食業界➡他業界への転職に特化した転職エージェントです。

飲食業界出身のエージェントがあなたを飲食業界から異業界への転職サポートしてくれます。

PAPAO
PAPAO

飲食業界で培った経験を転職活動で最大限活かす方法を伝授!

\飲食業界➡異業界への転職サポート/


この店は狂っている…もう限界…
退職代行で今すぐ会社を辞めたい人は
詳細記事 ブラック企業の最強の辞め方!退職代行なら当日の朝でも辞められる!


飲食業界から異業界への転職に特化!フミダス飲食エージェント

フミダス飲食の転職エージェント

フミダス飲食は飲食業界出身者専門の転職エージェントです。

飲食業界から未経験業界にチャレンジしたい方の転職サポートを実際に飲食業界での就業経験があるエージェントが行います。

■フミダス運営元の会社概要など詳しくまとめました。
参考記事転職の失敗はもう嫌だ!フミダスなら内定率100%と寄付で社会貢献

こんな人にフミダス飲食はおすすめ!
●飲食業界の就業経験がある方(雇用形態不問)
●20〜29歳の男女
●最終学歴高卒以上
●日本国籍をお持ちの方

元居酒屋店長
元居酒屋店長

さらば!飲食業界。他業界でマネージメント能力を発揮するぞ!



フミダス飲食の特徴

【特徴1】実際に飲食店業界で就業経験があるアドバイザーが担当になるので、実体験をもとあなたに寄り添った相談が可能です。

WEBや電話を使っての転職相談が可能なので、まとまった時間が取れない方でも空いてるスキマ時間での相談が可能です。

年間6500名(※)を超える転職相談実績のノウハウがあります。 ※2021年6月から1年間の相談件数

MAMAO
MAMAO

飲食業界出身者専門の転職エージェントが最大の売りです!


【特徴2】業界や職種未経験でも、飲食業界での経験を活かして、すぐに活躍できる求人を多数取り扱っています。 (保有求人数: 約4000件)

初回面談から最短1週間後に就業が可能な求人も保有しております。


【特徴3】フミダスのアドバイザーが飲食業界での経験をフルにアピールできる履歴書職務経歴書の添削を行います。面接対策は企業ごとにカスタマイズ!

PAPAO
PAPAO

あなたの希望に合わせ、納得行くまでに実施!


フミダス飲食の評判・口コミ

Yさん フミダス飲食で転職成功!

ホールスタッフ➡  施工管理
経験則に基づいたサポートが本当に助かりました。
他の転職エージェントにも登録はしていたのですが、どこも自分が飲食店出身ということを強みとして見てくれなく、自分に自信が持てずにいました。
そんな中フミダスさんは、実際に飲食店から未経験職種に転職成功されたアドバイザーさんが担当でしたので、自分の強みを最大限に引き出してくれて無事希望企業へ入社することができました。

Mさん フミダス飲食転職成功例

キッチンスタッフ ➡不動産営業
正直、最初はオンライン上の連絡だけだったので就職できるか不安でした。
でもフミダスで就活を進めていくうちに面接対策、履歴書のフォロー、自分の経歴をしっかりと面接で伝えることができました。
今は第一志望の企業で、トップ営業を目指して勉強中です

Tさん フミダス飲食転職成功例


焼肉店店長 ➡モバイル販売
これまで飲食店店長として勤務をしていたのですが、初めての転職活動で不安だったのですが、担当アドバイザーさんも同じ飲食店出身という共通点があり、親身に相談に乗ってくださり、無事第一志望の企業へ入社することができました。

ここが残念!以下の地域に超弱い…
●北海道
●東方地方:青森県、秋田県、福島県、山形県、宮城県、岩手県  
●四国地方: 徳島県、香川県、愛媛県、高知県  

■上記地域にお住まいの方は…
全国区の転職エージェントも併用するのがおすすめです!
詳細記事 ミドル層におすすめの転職エージェント【まとめ】複数利用がおすすめ!

■20代なら第二新卒枠で転職がスムーズ
詳細記事 職歴無し・コネなし・経験なし…第二新卒の転職(就職)やり方!




■登録後、飲食業界での就業経験があるエージェントによる、実体験に基づいた未経験業界への転職・就業支援サポートを実施!

\無料で転職相談してみる/




飲食業界辞めたい|きつい!むいていない!ブラックしかない!

飲食業界からの転職が増加中

飲食業界の全てがきつくてブラック企業ばかりとういうことではありませんが、飲食業界で働く正社員の多くは長時間労働低賃金などの問題に直面しています。そのため、飲食業界から別の業界に転職する人も増加しています。

PAPAO
PAPAO

私も飲食業界での正社員経験が少しばかしありますが「全くむいていません」でした…

しかし、飲食業界が長い人は業界を離れることは容易なことではなく、新たな道を模索すること自体が困難を伴うことも多いです。

一方で、飲食業界で働くことで培われるスキルや経験もあります。例えば、接客やマネジメント、ストレス耐性などは、他業界でも求められるスキルです。

そのため、飲食業界出身者が未経験の業界に挑戦することも、成功する可能性があります。

ただし、未経験の業界に転職する場合は、その業界の特性や求められる能力を理解する必要があります。また、自分自身の強みをしっかりと把握し、転職先での役割を選定することも大切です。

転職成功のためには、自己分析や職務経歴書の作成、面接対策などをしっかりと行う必要があります。また、専門の転職エージェントに相談することもオススメです。

エージェントは、転職活動のサポートを行ってくれるだけでなく、自分に合った転職先を紹介してくれることもあります。

飲食業界からの転職は、大変なことも多いかもしれませんが、新たな可能性やスキルアップの機会が待っています。

MAMAO
MAMAO

しっかりと準備をして、新しいスタートを切りましょう!


公式サイト 飲食業界から異業界へ転職なら【フミダス飲食】



飲食正社員の末路…私が飲食業界に入った理由と経験

これは私の体験談です

滑って手首を切ってしまいそうと…やらず嫌いでリンゴの皮向きすらできなかった私は、学生アルバイトとして飲食業界に足を踏み入れました。

最初は単にお金が必要だったことと賄い目当てで手軽に始められるアルバイトとして選んだのがきっかけでのホールデビューでした。

PAPAO
PAPAO

この学生バイトもことごとく続かず、ようやく2年ほど続く飲食店に出会え2年ほど働かせて頂きました!!


飲食の正社員経験ということでは卒業後に紆余曲折を経て、のちに飲食業界で3社ほど働いた経験があります。その経験を通じて、飲食業界の現状と難しさを知ることができました。

私が飲食業界で働いた理由は、そもそもスーツを着る仕事が嫌だったこと、そして誰でも始めやすく、将来自分のお店を持てたらいいな浅はかな考えで入社しては数社を転々としました…

しかも愛想が悪く接客は向ていないと自負しているので、料理人としてのデビューです。
(愛想が悪いというかそもそもサービス業向きではない私…)

しかし短期間ながら、私はこの業界で働くことが自分に合わないと感じるようになりました。

PAPAO
PAPAO

情けないことに3社で合計半年にも満たない職歴です…

飲食業界で働くことの魅力は、お客様と直接関わりながら仕事ができることではないでしょうか?きれいごと抜きで、接客やサービスを通じて、お客様に喜んでいただけることが何よりも嬉しい瞬間でした。

また、飲食業界は人材育成に力を入れている企業が多いため、スキルアップやキャリアアップがしやすい環境だと感じました。


一方で、飲食業界には厳しい現実もあります。特に正社員ともなると厨房は戦場です!

料理は愛情」とも言いますが、私にとっては急がしいランチタイム等は単なる流れ作業でした…そこには愛情を込める余裕は少なくとも私にはありませんでした…

まず、飲食業界は常に忙しく、常に高いストレスがかかります。体調不良に陥ることも多くありました。このような環境で働いていくうちに、私は自分自身を犠牲にしてまで働くことができないと感じるようになりました。

シフト制であるため、生活リズムが乱れることがあったり、家族や友人との予定を合わせることが難しいこともありました。

また、飲食業界には人手不足も深刻な問題であり、正社員たちは過剰な労働時間や休日出勤を強いられることが多いです…

そのため、過労やストレスによる健康被害も増加しています…こうした現実に直面し、自身の健康を守るために飲食をやめる選択をする人々もいます。

私は、正社員として働きながら、飲食業界の独自のノウハウやサービスを学び、スキルアップに努めました。しかし、多忙な日々やストレスから、心身ともに疲れ果て、自分自身の生活や健康面にも影響を受けるようになりました。そこで、自分自身のためにも一度立ち止まり、転職を決意しました。

それでも短期間ながら厨房で学んだ料理技術は家族に料理をふるまうことに活かせてますし、仕込みや段取り力は別の業界で働いている今でも活かせているなと感じてます。

PAPAO
PAPAO

飲食業界での経験が、今の私を形作る大きな要素の一つであることは間違いありません。

こんな志の高い人にとっては飲食業界は良い業界です!
●「将来お店を持ちたい!」
●「料理が好き!」
●「接客が好き!」
詳細記事 東京で飲食求人探すならペコリッチのタダ飯とお祝い金を知らなきゃ損
詳細記事【飲食の転職サイト】業界特化のフーズラボ転職エージェントの評判は?




フーズラボ
フーズラボ らんきんぐ

■企業から直接スカウトが届くので楽に転職活動できる!
①全国区に求人あり(地方求人も豊富)
②料理ジャンル×職種が豊富
③求人情報が見やすく、働くお店のイメージも分かりやすい
■こんな人におススメ
・20~50代(男女)
・企業と直接やり取りがしたい人

ペコリッチ
ペコリッチ らんきんぐ

■個性豊かな飲食店求人が多い!
■働くポジションごとの求人なので仕事内容が明確!
■こんな人におススメ!】
①一都三県(東京・埼玉・神奈川・千葉)で働きたい人
②ニューノーマルな飲食業界での働き方を追求したい人
③45歳までの人

itk
itk らんきんぐ

■未経験OK!まだ悩んでいてもお気軽に相談OK!
・外食に特化した転職相談・面談がウリとなっており、
・求人の紹介だけでなく面接の日程調整、給料交渉など任せられる
■こんな人にオススメ!
・首都圏(東京都・神奈川・千葉・埼玉)で働きたい人
・サービス業界で転職を検討している人
・就職・転職しようか悩んでいる人
・転職の仕方をそもそもどう進めて行った方がいいか分からない方




飲食から未経験業界へチャレンジ|メリットとデメリット

飲食業界から異業界への転職には、以下のような具体的なメリット・デメリットがあります。

未経験業界でのチャレンジの【メリット】

新しい分野でのキャリアアップ
●異業界での転職は、自分自身のスキルアップやキャリアアップの機会を得ることができます。飲食業界で培ったスキルや経験を異業界に応用することで、自己成長を促進することができます。また、異業界でのキャリアアップにより、将来的に高いポジションに就く可能性があります。

新しい視点の獲得
●異業界での経験は、自身の視野を広げることができます。異なる業界での知識や経験を得ることで、自分自身の考え方やアプローチ方法を変えることができます。これにより、柔軟性や創造性を高め、新しいアイデアを生み出すことができます。

新しい人脈の獲得
●異業界での転職は、新しい人脈を得ることができます。異業界での仕事を通じて、新しい人との出会いがあり、自分自身のコネクションを広げることができます。これにより、異業界でのキャリアアップやビジネスの機会を増やすことができます。

ワークライフバランスの改善
●異業界での転職は、ワークライフバランスを改善することができる場合があります。飲食業界は、夜間や週末に働くことが多いため、ワークライフバランスに悩んでいる人にとっては、異業界での仕事に転職することが、より良いバランスを取ることができるかもしれません。

以上のように、飲食業界から異業界への転職には、新しい分野でのキャリアアップ、新しい視点の獲得、新しい人脈の獲得、ワークライフバランスの改善など、多くのメリットがあります。

未経験業界でのチャレンジの【デメリット】

飲食業界から異業界への転職にはメリットも多くありますが、逆に以下のようなデメリットもあります。

業界経験不足
●異業界に転職する場合、業界の知識や経験が不足していることがあります。特に専門的な業界であれば、知識やスキルを身につけるために時間がかかることがあります。そのため、自分自身のスキルアップに時間がかかる場合があります。

給与面の低下の可能性
●飲食業界は、賃金が低く、ボーナスが少ないことが一般的です。一方で、異業界に転職した場合、飲食業界よりも高い給与を得ることができる場合がありますが、逆に低くなる場合もあります。

ただし、異業界での経験やスキルを身につけた後、転職する場合には、より高い給与を得ることができる可能性があります。

PAPAO
PAPAO

業界によっては高い給与が期待できる場合があるため、転職前に給与面を確認することが重要です。

コミュニケーションの課題
●異業界に転職した場合、業界用語や文化が異なることがあります。そのため、コミュニケーション面で課題が生じることがあります。特に、業界で定着している用語や言葉が異なる場合、誤解が生じる可能性があります。

転職に伴うストレス
●異業界に転職する場合、新しい環境に慣れるまでストレスを感じることがあります。自分自身のスキルアップや新しい人脈を作るために、新しいことを学ぶ必要があるため、緊張や不安を感じる場合があります。

以上のように、飲食業界から異業界への転職には、業界経験不足給与面の低下の可能性コミュニケーションの課題転職に伴うストレスなど、いくつかのデメリットがあります。


飲食業界で培ったスキルが他業界でも活かせる

コミュニケーション能力
チームワーク能力
ストレス耐性
問題解決能力
組織運営能力

飲食業界で働く人々が持っているスキルや経験は、他業界でも活かせる場合が多くあります。

以下では、その代表的なスキルを紹介します。

コミュニケーション能力

飲食業界では、お客様とのコミュニケーションが重要な役割を担っています。そのため、コミュニケーション能力が高いことが求められます。このスキルは、営業マーケティングカスタマーサポートなどの職種で活かされます。

チームワーク能力

飲食業界では、多くの場合、チームで仕事を行うことが多いです。そのため、チームワーク能力が求められます。このスキルは、プロジェクトチーム営業チームなどの職種で活かされます。

ストレス耐性

飲食業界では、繁忙期やクレーム対応など、ストレスがたまるシーンも多いです。そのため、ストレス耐性が求められます。このスキルは、営業事務職など、忙しい業務に従事する職種で活かされます。

問題解決能力

飲食業界では、様々な問題に直面することがあります。そのため、問題解決能力が求められます。

【飲食業界で直面する問題】
食品安全と衛生:飲食店は、食品の安全性と衛生に注意を払う必要があります。食品の適切な保管、調理、衛生管理が不十分であれば、食中毒などのリスクがあります。

食材の品質と供給:飲食店は、新鮮で高品質な食材を入手する必要があります。しかし、品質の低下や供給不足などの問題が発生することがあります。

労働力不足:飲食業界は、高い人手不足に直面しています。特に、忙しい時間帯に十分なスタッフを確保することが難しい場合があります。

コスト削減:飲食業界は、常にコスト削減に取り組む必要があります。原材料や人件費の増加、家賃や光熱費などの固定費用の上昇など、多くの費用がかかるためです。

競争力:多くの飲食店が競争しており、顧客を獲得するために、価格や品質、サービスなどで差別化する必要があります。

新しいトレンドに追従すること:飲食業界は常に新しいトレンドに追従する必要があります。例えば、ヘルシーな食事、ヴィーガンやグルテンフリーのオプション、デリバリーサービスなど、時代に合わせたニーズを満たすことが求められます。

MAMAO
MAMAO

このスキルは、エンジニアやマネージャーなど、解決策を見つける力が必要な職種で活かされます。


組織運営能力

飲食業界では、店舗の運営やマネジメントが求められます。そのため、組織運営能力が必要になります。このスキルは、マネージャー経営者など、組織を運営する職種で活かされます。

PAPAO
PAPAO

以上のように、飲食業界で培われたスキルや経験は、他業界でも活かせることが多くあります。


転職を考える際には、自分が持っているスキルをしっかりと把握し、転職先で活かせるかどうかを検討することが大切です。

飲食業界からの転職で他業界で求められる人材像とは?

飲食業界経験を活かす転職

【求められる人材像】
コミュニケーション能力
責任感
フレキシビリティー
クリエイティブな発想力


飲食業界で働くことは、多くの場合、忙しく体力的にも精神的にもタフな仕事です。

しかし、そのような環境で培われたスキルや経験は、他業界でも高く評価されることがあります。

ここでは、飲食業界から他業界に転職する際に求められる人材像について考えてみましょう。

コミュニケーション能力

飲食店での接客や調理の経験から、コミュニケーション能力が高い人材として評価されます。

他業界でも、上司や同僚との円滑なコミュニケーションが求められるため、コミュニケーション能力が高い人材は重宝されます。

責任感

飲食業界での仕事は、お客様の満足度を高めることが求められます。そのため、責任感が強く、チームワークを大切にする人材は評価されます。

他業界でも、自分の仕事に責任を持ち、周りと協力して目標を達成することが求められます。

フレキシビリティー

飲食店での仕事は、繁忙期と閑散期の差が大きいため、フレキシビリティーが求められます。他業界でも、状況に応じて柔軟に対応することができる人材は重宝されます。

クリエイティブな発想力

飲食店での仕事は、メニューやサービスの改善など、常にクリエイティブな発想力が求められます。他業界でも、新しいアイデアを出し、改善に取り組むことができる人材は評価されます。



飲食業界から意業界への転職成功のためのポイントとは?

1.自己分析をしっかり行う
2.情報収集を徹底する
3.履歴書や職務経歴書を工夫する
4.面接対策をする
5.転職エージェントを活用する

飲食業界から他業界への転職には、多くのライバルがいるため競争が激しいです…

しかし、以下のポイントに注意することで、転職成功の可能性を高めることができます。

1.自己分析をしっかり行う
●自己分析は、転職する上で非常に重要です。自分自身のスキルや経験、強みや弱みを把握し、他業界でどのような仕事が向いているのか、具体的に考えましょう。

2.情報収集を徹底する
●転職先の情報を収集することも大切です。業界や企業について詳しく調べ、自分が応募する職種やポジションの求められるスキルや知識を把握しましょう。

3.履歴書や職務経歴書を工夫する
●飲食業界の経験を他業界で活かすために、履歴書や職務経歴書を工夫することが必要です。飲食業界で培ったスキルや経験を、他業界における業務に活かせるようにアピールしましょう。

4.面接対策をする
●面接では、自分自身をアピールすることが重要です。自己PRや志望動機をしっかりと考え、アピールポイントを整理しておきましょう。また、面接前には企業や業界について調べることも大切です。

5.転職エージェントを活用する
フミダス飲食を活用することで、未経験から異業界への転職先を探すことができます。転職エージェントは、自己分析から面接までトータルサポートしてくれるため、初めての転職にも安心です。

以上のポイントに注意することで、飲食業界から他業界への転職を成功させることができます。

PAPAO
PAPAO

自己分析や情報収集、アピール方法をしっかりと考え、転職活動を進めていきましょう!


まとめ:飲食やめてよかった☀️飲食業界から未経験業界に再出発!フミダス飲食


フミダス飲食公式サイト

まとめ

飲食業界で働くことは、人とのコミュニケーションやサービス精神など、多くの魅力がある一方で、労働条件が厳しい場合もあります。自分自身にとって大切なことを見極め、健康や幸福を守るためにも、辞める決意をすることが大切だと思います。

飲食業界に長く身を置いた人々が抱える現実と、新たな道を開拓する過程を知ることで、飲食業界の改善や、正社員たちがより良い環境で働ける社会の実現に向けて考えるきっかけとなることを願っています!

■3社ほど転職エージェントを併用するのが成功への近道です!
詳細記事 ミドル層におすすめの転職エージェント【まとめ】複数利用がおすすめ!

■20代なら第二新卒枠で転職がスムーズ
詳細記事 職歴無し・コネなし・経験なし…第二新卒の転職(就職)やり方!

【転職の神様と呼ばれた男】

■私(PAPAO)は40社以上(社員・バイト含む)も転職しまくりの経験がございます。その『負の人生経験』から導き出された記事内容に定評あり!!

経験した正社員数だけで言うと"29社"です。

詳しくは当サイトの運営者情報をご確認ください。
https://www.papao.blog/unei-infomation/

こんな私でも家庭・持ち家・子供にも恵まれ、なんとか生きています!

人生なるようになります!

本サイトでは主に「退職」・「失業」・「転職」についての記事をご紹介しています。

PAPAOをフォローする
転職サイト【総合型】
PAPAOをフォローする
PAPAOブログ【転職の神様と呼ばれた男】

コメント

タイトルとURLをコピーしました